アクスタのジャニーズの作り方は?材料は硬質ケースやプラ板でお手軽に!

ジャニーズファン必見の自作アクスタの作り方などをご紹介します。

100円ショップのハンドメイドやクラフト素材がどんどん充実していくのにともなって、推しのグッズを自作する方々が増えています。

アクスタの作り方を覚えて、推しのアクスタをいつでもそばに飾ったり、持ち運んだりしてみませんか?

アクスタとは?

アクスタとは、好きなアイドルやキャラクターなどを立体風に立てて飾れるアクリルにプリントされたグッズの事を略して『アクリルスタンド』といいます。
台座付きで、全身タイプが多く販売されています。

アクスタは、飾って眺めるだけでなく舞台やテレビ番組のロケ地、聖地巡礼など推しの活動場所に持ち運んで一緒に記念写真を撮ったりなどそれぞれ楽しみ方は自由自在なのです。

そんなアクスタですが、誰でも安易に手にはいるグッズではないんです。
販売や再販が決定すれば即Twitterのトレンド入りする程大人気なんです。

そして販売開始ともに“アクスタ戦争”が勃発しサイトへ入れないなんてことも。そしてやっとサイトへ入れた頃にはどこを見渡しても『SOLDOUT』の文字に絶望することも。

>>ジャニーズ公式通販『アイランドストア』
※アクセスが集中すると見れなくなる事もあります。

転売屋の介入などにより即売り切れになりフリマアプリで高額な値段で出品されているのを見ると悔しくなりますよね。

アクスタの作り方は?

「推しのアクスタが欲しい!でも売り切れ!いつになったら販売するの?」公式が出してくれたら喜んで買いますが、今現在発売してない、再販する予定もないなんて悲し過ぎますよね。

SNSには、クオリティが高い自作のアクスタが多数投稿されていて『私も真似してみたい!』『推しを作りたい!』と作り方をまとめてみました。
もちろん本格的なアクスタはちょっと難易度が高いので「アクスタ風」はどうですか?

小学生の頃、オリジナルシールを作れるおもちゃが流行りました!友達と交換したりシール帳なるものを作ったりしませんでしたか?

硬質カードケース

硬質カードケースにOPPテープで推しの画像を貼ってはさみで切り取るだけなら不器用の私でも、なんちゃってアクスタ風が作れそうです。

光沢紙にプリントした画像の方が、頑丈になるのでおすすめです。

MEMO
OPPテープとは、縦と横の2方向から延伸させているテープなので、引っ張っても伸縮性がありませんが、粘着力と透明度が高く、耐水性・耐湿性に優れているメリットも兼ね備えているのが大きな特長です。

OPPテープの変わりにラミネートフィルムを貼って写真を固定するやり方も。
100円ショップでラミネートフィルムは購入できます。

もっと拘りたい方はこちらの方の動画を参考にトライしてみてはいかがですか?
OPPテープや両面テープは使わずに、ヘアアイロンを挟んで熱を加えるやり方です。

ヘアアイロンで硬質カードケースの周りを5秒ぐらいずつ挟み込んで熱を加えることによって、カードケース同士を接着します。
ヘアアイロンを使う時に、クリップなどを使って写真とカードケースをまとめておくとズレずに挟めて便利ですよ。

プラ板

お次は、アクリルのかわりにプラ板を焼いて作るアクスタについてご紹介します。100円ショップのセリアやダイソーで、印刷用のプラ板が販売されているのは知っていますか?
アクスタを作成するには、家庭用のインクジェットプリンターで印刷ができるプラ板が便利です。

印刷プラ板には、手書きで写すことが困難なイラストやキャラクターも、印刷するだけで簡単にクオリティーの高いものが作れます。硬質カードケースに比べるとしっかりとした厚みが出るというメリットもあります。

プラ板は、個人的に難易度が高そうなので失敗覚悟&プラ板のストックを用意してからチャレンジしたいなぁと思いました。

縮むと色が濃くなるため、薄めに加工した画像を印刷しておきましょう。画像を貼りつける作業が不要のため、簡単に作ることができます。
仕上げにUVレジンでコーティングして仕上げると艶感と厚みがでます。

タイマー設定可能、折りたたみ式
UVクラフトレジン液 55g

100均のレジン液は硬化後もベタつきますが、清原のレジンは硬化後の表面もツルツルで完成度が高く見えます!表面がぷっくりとして艶のあるアクスタを作りたい方におすすめです。

こちらのタイプは、マニキュアのような形状の刷毛付きボトルで使いやすくて塗布しやすいです。

LED&UVクラフトレジンコーティング液 ハケ付8g

仕上げをしっかりすることで完成度が全然違います!レジンで硬化することで色落ちや色移りを防ぐことが出来てぷっくりとかわいい感じで完成させられますね。

アクスタの土台アイディア

自作アクスタを立たせるための土台のアイディアを紹介していきます。
土台がなくても自作アクスタを楽しむことはできますが、並べたり飾ったりするためには土台が必須となります。

おゆまる

おゆまるとは、お湯で柔らかくして、好きな形に作れるプラスチック粘土です。80℃以上のお湯でやわらかくなり、好きな形が作れる「おゆまる」を使って作られた土台です。

温度が下がると再び硬化してきますが、そんな時はもう一度お湯に戻せば何度でもやり直せるのがおゆまるの魅力のひとつです。

100均のシリコン型などに押し込んだりするのもいいですよ。
好きな形に仕上がったら、冷水に付けて冷やし固めます。冷蔵庫に入れて冷やしても大丈夫です。

キャンドゥ マルチスタンドパーツ

角度調整も可能な貼るタイプのキャンドゥのスタンドパーツです。自立しないグッズをスタンドさせたり壁に掛けたり、色々こなせる優れものです。

差し込むタイプの土台ではないため少し角度がつきますが、アクスタスタンドとして問題なく使用できますね。アクキーを簡単にアクスタに変身させることも可能です。

キャンドゥ ディスプレイスタンド

透明フィルムにアクスタを挟むだけでインテリアになるキャンドゥのディスプレイスタンドです。しっかりアクスタを挟んで保管できる為、ホコリや劣化防止にもなりますね。
カラーは黒と白があるのでお部屋のインテリアに合わせて飾ることができます。

まとめ

簡単なアクスタの作り方をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
今回、紹介したアクリルスタンドを自作する際に必要なアイテムは、全て100円 ショップだけで調達することができます。
同じ材料を使っても、デザインやスタイルによっては仕上がりが大きく異なります。
いろいろ試しながらスキルアップするのもまた、楽しいかもしれません。

アクスタのクオリティにこだわるのであれば、業者への発注もおすすめです。画像を加工する作業は必要になりますが、簡単にイメージ通りのアクスタを作成することが可能です。
自分のお気に入りの推しの画像を使って、世界に一つだけのアクスタ作りを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です