ダイソーの過炭酸ナトリウムでつけ置き漂白したら驚きの結果に

令和2年2月に産まれた娘もあっという間に成長し、寝返りやつかまり立ちをするようになりました。

手足を自由に動かせれるようになり、うんち漏れで衣類を汚す事も増えました。
手洗いして洗濯してもとれない汚れを今回は、過炭酸ナトリウムのつけ置き洗いでどれだけ綺麗に汚れが取れるか検証したいと思います!

過炭酸ナトリウムとは?

過炭酸ナトリウムとは、2:3の割合で炭酸ナトリウムと過酸化水素の混合物で、食器洗い乾燥機用洗剤や除菌剤、パイプクリーナー、漂白剤、洗濯槽クリーナー等、家庭で使われている洗剤の主成分として販売されいます。

塩素系漂白剤と違って、使用後は炭酸ナトリウム・酸素・水に分解されるので、地球に優しく有毒な成分も発生しないので環境にも優しいエコクリーナーともいわれています。

過炭酸ナトリウムでつけ置き漂白しょう

今回、使用する過炭酸ナトリウムは100円ショップダイソーの商品になります。
ダイソー以外の100均でも過炭酸ナトリウムは売っています。

つけ置きにつかうボウルはいつもふきんを漂白する時に使用しているものでこちらもダイソーです。

洗濯をしても頑固なうんち染みは綺麗には取れず、薄くはなりましたがこれぐらいが限界です。
汚れをズームしてみました。

沸騰した40度程度のお湯に過酸化ナトリウムを入れてよくかき混ぜてから洗濯物を30分くらいつけ置きします。

過炭酸ナトリウムの泡がぶくぶくしだします。
お湯(40〜50度)で溶かしたときに1番効果を発揮します。

衣類が過炭酸ナトリウムを吸いこんだようにぺっちゃんこになったら軽く絞り、他の洗濯物と一緒に洗濯機へ投入!

肌が弱い人は肌荒れすることがあるので過炭酸ナトリウムがついた衣類を手洗いする場合は直接手で触らずゴム手袋をつける事をお勧めします。

ちなみに普段使用している洗剤はこちら↓

無添加洗濯洗剤1.64kg

新生児の頃は、娘の洗濯物と分けて洗濯していましたが今はこの洗濯洗剤で家族と一緒に洗濯しています。

驚きの検証結果

洗濯が終わりどれぐらい汚れがおちているかなぁ?と確認してみると・・・
シミがあったであろうところをよ~く見てもどこにシミがあったのか分からないぐらい完全に消え去っていました!

ズームして撮ってみましたが、どこにシミがあったのか分かりません。
いかがでしょうか!?

気持ちいいぐらいうんち染みが綺麗に取れて同時に生地の痛みもなく衣類の黄ばみも取れて一石二鳥です。

過炭酸ナトリウム使用時の注意点

便利な過炭酸ナトリウムですが、使う時の注意点があります。
必ずチェックしてから使用しましょう!

  • 触れるときはゴム手袋を使用する。
    過炭酸ナトリウムは水に溶かすとアルカリ性の水溶液になります。
    素手で触れると油分が溶け出て、手荒れの原因に。
    必ずゴム手袋を使用しましょう。
  • 購入した容器のまま保存する。
    気体が発生する成分なので、密閉容器で保存すると容器が変形する恐れがあります。
    購入したときの容器で保存することがおすすめ。
  • ステンレス以外の金属には使用しない。
    ステンレス以外の金属への使用は避けましょう。変色したり素材を傷めたりする恐れがあります。

優秀な過炭酸ナトリウムの使い道はたくさんあります。

  • 洗濯槽内の洗浄
  • 排水管の消臭、詰まり防止
  • 浴室内のカビ取り
  • キッチンの油汚れ

過炭酸ナトリウムは、様々なメーカーが販売しているのでAmazon・楽天などのネット通販でも購入できます。

粉末タイプ 300g(酸素系漂白剤)

床のベタベタ汚れにも活躍

息子は常にスリッパは履かずいつも裸足なので、特に雨の日や湿気が多い日はフローリングのベタベタが気になります。

素足で歩くと足の裏の皮脂汚れがそのままフローリングに付着するんですよね。
掃除機をかけてクイックルワイパーで掃除をしてもスッキリしないので我が家はフローリングの床掃除にも使用しています。

注意
材質、塗装(表面加工のあるもの)の種類により変質・変色する場合もあります。
フローリングのワックスが剥がれる可能性もあるので、床掃除の際には注意が必要です。

まとめ

衣類の洗濯だけではなく、お風呂場、キッチン周りの食器などマルチに活躍してくれ、除菌・消臭効果もありそして100円で買えコスパ最高なので我が家の掃除の必需品です。

次は、洗濯しても気になる主人の仕事用の作業ズボンの消臭に挑戦してみようと思います。
洗濯しても漂う嫌な臭いは、衣類に雑菌が繁殖してるということみたいです。
過炭酸ナトリウムのパワーで蓄積した匂いがどれだけ消滅するのか実際に確かめてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です